データベース
吉本隆明を読む




言葉の吉本隆明①
 ※手入れ中
心的現象論序説 11 心とは何か
言葉の吉本隆明②
 ※継続中
柳田国男論集成 12 母型論
吉本隆明・語彙集 詩人・評論家・作家の
ための言語論
13 アフリカ的段階に
ついて
言語にとって美
とは何か
マスイメージ論 14 心的現象論
共同幻想論 10 ハイ・イメージ論 15 吉本隆明超略年譜
(2002年3月12日作成終了) 
16  言葉の吉本隆明③
 (詩と詩の批評)

 ※新規
       
    (2019年6月16日から)        

                                  



  メモ2017~2018 


 更新の記録

※ 「言葉の吉本隆明②」は、時々更新する予定です。自分の考えるきっかけとしてやっていることが、また、吉本さんが考えたことを自分の考えに生かそうとすることが、同時に他の人にもそうなればいいなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「言葉の吉本隆明 ②」に、

2019.08.06 新規項目609 「相互扶助精神の違い」を新たに追加。
2019.08.14 新規項目610 「昔しかなかったこと」を新たに追加。
2019.08.16 新規項目611 「江藤淳」を新たに追加。
2019.08.18 新規項目612 「無意識が荒れる」を新たに追加。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「言葉の吉本隆明 ③」に、 ※新規

2019.06.16 新規項目001 「こころの核」を新たに追加。
2019.06.16 新規項目002 「喪失の感覚」を新たに追加。
2019.08.08 新規項目003 「萌芽としての初期」を新たに追加。
           項目001の「備考」に追加。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※思い立って、「言葉の吉本隆明①」に少しずつ手を入れていきます。こちらは見やすく整序したり、軽く「備考」を加えたりします。項目一覧表の右肩に手入れ済みは「★」印を付けています。(2019.2.10)

「言葉の吉本隆明 ①」に、手を入れたもの

2019.08.14 項目48




※ 吉本さんの著作の初版刊行年月を知りたいときには、上の「言葉の吉本隆明 ①」の上部に
記入した部分がありますので、参照できます。

※ 吉本さんのある文章や本が何歳頃書かれたのか知りたいときに参照するために、吉本さんの
超略年譜を上の「15」に載せておきます。





 更新の記録の倉庫





  あいさつ

 これは、わたしが表現から撤退している時期に「写経」のように吉本さんの本を読みながら、その本から書き抜いたものです。つまり、読み解くの「読む」ではなく、文字通りの「読む」です。それがどんな意味を持ったのかはよくわからないけれど、「写経」の持つ信仰心や宗教性は別にして吉本さんの言葉により身近になれたのではないかと思います。もう継続はしていなくて、ほったらかしにしていましたが、何かの折には「言葉の吉本隆明①」と「言葉の吉本隆明②」と「語彙集」くらいは参考になるのではないかと思います。自分でも時々活用しています。

 これを始めたもうひとつの動機には、膨大な吉本さんの著作でしばしば(あれはどこに書いてあったかな?)という経験をしたことがあります。そこで、こういうデータベースのようなものを作ったらそういうことが少なくなるかなということで始めた覚えがあります。現在ではネット検索すると目当てのものがずいぶんヒットするようになりましたが、吉本さんに限らずこれに類するものを作ってみようという方のひとつの参考にでもなればと思います。

 リンク切れがあったり誤字などがそのままになっていますがご容赦ください。1と2と3に関しては余裕があれば少しずつリンク切れは張り直すつもりです。それ以外は、フレームで作成しているため表示ができないようです。「言葉の吉本隆明②」は全項目、「語彙集」は項目1~10までリンクを張り直しました。「言葉の吉本隆明①」は項目1~3までリンクを張り直しました。「言葉の吉本隆明②」は、そのページの最上部にある「五十音検索」からは項目を見ることができます。
   (2017年5月23日)

※ 2の「言葉の吉本隆明②」は、目下、継続しています。
※  リンク切れは、全部張り直しました。
※ 項目の「備考」は、今回から長くなっています。以前のものは、ほとんど記入がないと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 これを続けている動機をもうひとつ付け加えておけば、

吉本 いや、今あなたがおっしゃったね、僕が書いたね、自分で書いて表現して自分の考えを述べたり、芸術らしき詩を発表したり、それはね、それはちょっと自信があるんですよ。まだ俺は、俺の考え方の底のほうまで理解してくれた人はおらんな、っていうそういう感じがします。
 (「吉本隆明さんを囲んで」聞いたひと…前川藤一、菅原則生」2010年12月21日)



 このように語る吉本さんを、あんまり誤解に屈折したりすることなくきちんと総体的な存在として理解したいということになります。そのことは、日常世界での難しい他者理解ということとおんなじことです。
   (2019年1月24日)


 ※ わたしがいるブログの場所です。
 http://blog.goo.ne.jp/okdream01












inserted by FC2 system