タ行

表紙・目次へ戻る




ID 項目 ID 項目
427 段階
458 天皇制
         





項目ID 項目 よみがな 論名 形式 初出 所収 出版社 発行日 抜粋したテキスト
427 段階 だんかい 日本人の宗教観
―宗教を問い直す
対談 『中外日報』2006年 吉本隆明資料集165 猫々堂 2017.5.25

対談者 笠原 芳光

検索キー2 検索キー3 検索キー4
段階
項目
1
@
吉本 宗教的に言うことは僕の力ではないですけれども、要するに西欧の文化から一般的な日本人の考え方、思想や傾向をどういうふうに見るかというと、より情緒的、より情感的というふうに見えるんじゃないかと思います。

笠原 そうでしょうね。

吉本 西欧ではもっときっぱりと合理的に割り切れるはずのものが割り切れないというようなことは、日本人の情操過多というか、情緒過多、あるいは感情過多、そういうことからくるんじゃないでしょうか。日本人の倫理というのもそういうところからくるのではないかと思います。日本人は何かというと感情的、情緒的になって、論理が通らなくても通すとか、そういうふうに西欧からは見えるという要素がありますが、僕は日本人のそういうところというのは悪いことではないと思っています。
            (P80)
項目
2
A
吉本 西欧では、旧約聖書の「ヨブ記」などは典型的にそうだけど、神様とヨブとが問答するところで、神様がヨブに対して、お前は山をこちらからこちらへ移すことができるか、できないだろう、俺はできると。自分は自然さえも支配できるということを言うでしょう。それでお前にはできないだろうというのが非常に大きな要素になっている。要するに神は万物を創造したと。
 だからもちろん、自然をあっちからこっちへ動かすことは大丈夫なんだという考え方というのがヨブ記の中にはあると思います。
 
けれども、僕の造語した「アフリカ的段階」では、やはり人間は自然を動かせるものだと。一番典型的なのは雨ごいのようなものですね。乾期になれば、雨ごいをして雨を降らし、旱魃を解消する。それは最も古い信仰の形態としてあるという考え方です。これはその次の段階にくると、日本の場合でいえば、神様というのは物質的な自然そのものの中にどこにでもあるんだというふうになって、それはちょっと多神教的になる。


笠原 アジア的段階ですね。

吉本 一方、キリスト教の一神教というのは、そこのところをあまり大修正せずにずっとキリスト教の信仰を保ってきたというのが特色ですね。
 僕は一神教かそうじゃないかという分け方をあまりしないで、要するに段階が違うんだよと。
 段階によっていろいろな宗教が生まれてくるのであって、それは社会的な習慣、あるいは宗教性の中にも残っていて、やはり日本にも雨ごいをやった形跡がありますし、さればといって一神教かといえばそうではなくて、自然そのものの中に神が宿っているというような感じが普遍化して多神教的になっている。きっと仏教の一如とか、主観・客観区別できないというような問題は、どちらかの段階の名残が残っていることの証拠であると。

 それは、段階という言い方だとすこぶる言いやすい。その段階のたどり方が西欧と日本、東洋とはだいぶ違っているんですね。
            (P80−P81)

備考





項目ID 項目 論名 形式 初出 所収 出版社 発行日 抜粋したテキスト
458 天皇制 「まだ考え中」 インタビュー 2007.4 吉本隆明資料集169  猫々堂 2017.10.15 

検索キー2 検索キー3 検索キー4 検索キー5
民族国家
項目
1

―― 先ほどからおっしゃっている自己問答と国家、社会の問題はどうつながっていくのでしょう。

吉本 社会は良くなった方がいいし、国家は豊富になった方がいい。でも国家はだいたいこれで終わりになると思ってます。
日本国のことだけを言えば、日本国というのは国家形態がきちんとできたのは平地で農業や漁業をやるようになってからですからね。それから考えたら、平地での農業が終わった時に今の国家形態は終わる。これで天皇制が続いたらおかしいですよ。いや、おかしかないか(笑い)、あった方がいいと思っている人が多ければ続くわけですけど、農業が終わったら終わり。あとの人はやることがないんだから、好きなことやって遊んでた方がいい。
 
民族国家が終わるときには、レーニンの言いぐさじゃないけど、世界のどこでも国家が終わる。西欧なんかはもう相当その段階に食い込んでいる。通貨が統一されるということは国家としてはもう終わり始めているということでしょう。
 (インタビュー「まだ考え中」P15-P16『論座』2007年4月号、『吉本隆明資料集169』)











[備考]

民族国家の行く末については、今のところよくわからないからわたしの註は保留する。


 最近「内田樹の研究室」で自分の天皇観について述べたり、また『街場の天皇論』という本をまとめ上げて出したりしている内田樹が、天皇について述べた文章に出会った。


けれども、長く生きてきてわかったのは、天皇制は(三島が言うように)体制転覆の政治的エネルギーを蔵していると同時に、(戦後日本社会が実証して見せたように)社会的安定性を担保してもいるということである。天皇制は革命的エネルギーの備給源であり、かつステイタスクオの盤石の保証人であるという両義的な政治装置だ。私たち日本人はこの複雑な政治装置の操作を委ねられている。この「難問」を私たちは国民的な課題として背負わされている。その課題を日本国民は真っすぐに受け入れるべきだというのが私の考えである。
 
ある種の難問を抱え込むことで人間は知性的・感性的・霊性的に成熟する。天皇制は日本人にとってそのようなタイプの難問である。
 (「日本人にとって『天皇制』は何を意味するのか―「ポピュリズム」に対抗する政治的エネルギー」内田 樹 2017年10月06日 http://toyokeizai.net/articles/-/189766 )
 


 わたしは内田樹をすぐれた批評家として内心で一定の評価を持ってきたが、もちろん疑問やそうじゃないだろうという思いもある。内田樹の批評の言葉の射程は主要には近代以降のものと見える。また、生活世界の普通の人々の感覚をどこか忌避しているような印象を持つ。ここでの内田樹が天皇を「政治装置」として捉える見方は先の敗戦でもはや終わっていると思う。だから、何をいっているのだとしか思えない。

 近代に特異な位置に祭り上げられた天皇、天皇制であるが、明治維新の天皇の政治利用は、年季の入った天皇を名誉会長的な位置に据えることで自らの維新勢力の正当化を図り、自らの勢力の安全保証とした。これは官僚の振る舞いや政治でだれかに責任を預けることで責任の所在をあいまい化するという現在的な問題でもあるが、鎌倉時代の二重権力(武家と天皇)にも見られるなど、この列島の伝統的な政治手法でもあった。結果として、明治維新の争いで互いの血を流すということは少なくなったのかもしれない。

 天皇制(象徴天皇制)が今なお持続している背景には、こういう風に内田樹のような思想家に限らず、それを支えるさらに強力な大衆レベルの受容と支持があるからである。この受容と支持は、もう少し一般化すれば、遙か太古より続く聖なるもの強力なものに対する人間の畏怖と尊崇に根ざしている。それは、始まりは慈愛と猛威を併せ持つ〈大いなる自然〉に対するものだったろう。それが、人間世界に持ち込まれて、今度は〈貴人〉に対する人々の畏怖と尊崇に変貌してきたのだろう。平地農業とともに始まった天皇制は、農業の終わり、つまり未来性を持つハイテク農業ではなく旧来の一次的な農業が担い手としても形態としても生き延びることができないようになると、その出発の動機の喪失によって、天皇制も終わるのだろう。ちょうど、動画などのネット配信が普及すれば、それまでの地域にあるビデオショップが消えていくように。

 しかし、現在の俳優や歌手やスポーツ選手などの〈貴人〉に対する人々の受容と支持が続いているように、依然として天皇への支持は生き延びていくように思われる。天皇制(象徴天皇制)が終わりを告げても、その余韻のように天皇の存在も一般化すれば天皇的なるものとして現在的な〈貴人〉と同じようなレベルでもっとながく生き延びるのかもしれない。それは、人間の始まりと共にあるような〈聖なるもの〉の意識や感情に根ざしている根深いものだからである。

 ともかく、天皇制や天皇に関するわたしの考えは簡単ではっきりしている。わたしたちがこの社会でほんとうに平等を実現しようとするならば、その重要なきっかけとして天皇という特別存在(特異点)は矛盾だから、わたしたちと同列の普通の人になった方がいいという考えである。





項目ID 項目 よみがな 論名 形式 初出 所収 出版社 発行日 抜粋したテキスト

検索キー2 検索キー3 検索キー4 検索キー5
項目
1



















inserted by FC2 system